プロフィール

純さん

Author:純さん
私は私が見える世界を皆に見せる為の機械だ!
ではなく、ただのアニメ好きです。
昔は洋画中心に見てましたが、最近アニメを見始めました。
お薦めアニメとか教えてくれるとうれしいです。

プレイ中オンラインゲーム

アラド戦記
メインキャラ
70 クルセイダー 詳細

サブキャラクター
70 トルネード 詳細
70 百花 詳細


手持ちカメラ

詳細はこちら

別館(写真用)
FInDEr★(仮)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

144

PC静音化 CPU水冷計画

特に冷却にも静音にも今の状態で不満は無かったのですが、試しに試してみました。

使用したCPU水冷クーラーは KÜHLER H₂O 920 ANTEC製です。

Kuhler_920_4.jpg

水冷といっても結局はラジエーターとファンで冷やします。
普通のヒートシンクとファンよりは冷却効果が高いみたいです。

主にオーバーコロッケする人向けだと思います。
それ以外は必要ないかも。

どっちかというと、一般的にはサイドテール型のCPUクーラーがオヌヌメです。

サイドテール型とは下の画像みたいなのです。

yukimiku_2.jpg

おっと、間違えました。
これは髪型ですね。

51uwF5mI2dL__SL500_AA300_.jpg

これです。
前にも言いましたが、静音・冷却には空気の循環が非常に大事なので
サイドテール型だと前から後ろとエアフローが非常に作りやすいからです。


だが、あえて私は水冷に挑戦しました。

IMG_0597.jpg

ででーん。結構値段します。
でも、一度はどんなものか試してみたかったのです。

でわ、いつもどおり取り付け風景。
まずPCを開けましょう。

IMG_0596.jpg

っといきなり変なのが出てきました。
暖かくて住み易いんですかね・・・
気にせずどんどんいきます。

IMG_0598.jpg

これが今のCPUファンです。こいつを水冷にします。
初音ミクさんなんか窓際に置いておいたらずいぶん色あせてしまいました。
残念です。

だが、実はストックがあります。
レアネンドロイドなのでストックも無しに開封する私ではありません。

IMG_0599.jpg

ご覧の通り濃くなりました。

さぁCPUファンを外しましょう。

IMG_0600.jpg
IMG_0601.jpg

昔と違って簡単に取り外せます。
ペンティアム4の時なんかはヒートシンクにCPUがくっついてきちゃったりして
大変大変。

ちなみにCPUの上に立ってるミクさん。危ないです。
このまま電源を入れればcpuの熱で爆発します。

どんどんいきます。

そういえば箱にゼロメンテナンス(メンテナンス不要)と書いてありましたが
本当でしょうか・・・冷却水とか取り合えなくていいのかな・・・
それとも、古くなると爆発するのでメンテナンスなんて関係ないと言う事でしょうか?
謎は深まります。


まず、部品一式です。

IMG_0602.jpg

超適当な説明書にそって部品の下ごしらえをします。

IMG_0604.jpg

そしてこの説明書なんだかムカつきます。
赤丸の部分。説明にただ取り付けます。としか書いてない。
マザーボードの裏側って書いて欲しかった。まぁ分かるけど
マザーボード一回外すのって結構面倒だから心の準備の為にも書いて欲しかった。

IMG_0605.jpg

っと取り付けーの。

次はラジエーター。

IMG_0606.jpg

そしてまたしても罠が。
説明書の手順だと
ファン→ラジエーター→ファン
なのだが、

ラジエーターのあとにファンを取り付けてしまうと
CPUにあてるクーラーが取り付かなくなってしまう。
だから本当は
ファン→ラジエーター→CPU→ファンじゃないと絶対無理。
ATX規格のM/BだったCPUの位置共通だし、説明書の位置がなんかおかしい。

気を取り直してラストクーラー

IMG_0608.jpg
IMG_0610.jpg

なんか中が狭くなった気がするがグラフィックボードの上が
スッキリしたのでエアフローが良くなったかなぁ。
フラフィックボードの冷却効果も期待できます。

とまぁ写真だと簡単そうですが、説明書のおかげて取り付けには
大分苦戦しました。ハァハァ。

以上取り付け作業でした。



では、本題に入ります。

1.冷却効果

分かりやすくビフォーアフターハードゲイフォー形式で行きましょうか。

無負荷時
WS000018.jpg
まず、無負荷時です。電源を入れただけの状態です。(通電後1時間)

小さくて見づらいですが
CPUコア -8℃
GPUコア -10.5℃
SSD   -6℃
筐体内 -8℃
なんと、CPU以外もカナリ冷えて効果絶大です。

CPUの熱が直接外に逃げるのと、デカイヒートシンクが無くなった為、
空気の循環が良くなったのだと思います。

Auxiliaryがどこの部分を指しているのかイマイチ分かりませんが
ここは8℃あがっています。
おそらくチップセット辺りでしょうか。CPUファンの風が当たっていたんですね。
それがなくなったためか。でも問題ありません。それに筐体内の温度が下がっているので
気にする必要ありません。



ではお次は負荷をあたえた状態の結果を見てみましょう。
条件はFF14のベンチマークを連続30分です。
私の場合、これ以上負荷を書けることが無さそうなので
あえてこのくらいの負荷にしました。
WS000019.jpg
ベンチマークを落とすと温度がスグに下がってしまうので
MAX温度で見てみましょう。

CPUコア -7℃
GPUコア -9℃
SSD   -6℃
筐体内 -7℃

いい感じで下がりました。
水冷恐るべしといったところでしょうか。

でも、私は水冷を使うほどの作業はしないのです。


2.静音?
どちらかというと、私が気になるのはこっち。

結論からいうと静かになりました。
ファンの監視にUSBポートを使用しているので回転数をコントロール出来るので
よいと思います。
専用の制御ソフトがついていました。
WS000020.jpg
試しにファンの回転数をMAXにしてみたら驚くほど五月蝿かったです。

騒音表示が56dBと表示されました。(一般の人の会話の音量が60dBくらい。)



ともあれ、普通に使う分には静音も冷却も効果がそれなりにあってよかったです。
あとは寿命が気になるところです。

ちなみに空気清浄機が五月蝿いので静音もあまり必要なかった・・・

今日は長くなってしまいました。

最後まで読んでいただいた方ありがとうございました。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。